忍者ブログ
好き勝手にいろんなこと書いてます。暇つぶしにドウゾ。
プロフィール
HN:
てんトゥー
職業:
体は学生 心はニート
趣味:
音楽・ゲーム・絵・読み書き
自己紹介:
マイペースに絵を描いています。人物画を描くのは本当に難しいですね。カッコイイ絵が描けるように修行中です。
Web拍手
押してくださると、もれなくてんトゥーの生きる活力源になります↓
リンクについて
このサイトはリンクフリーです。
どなたでも相互リンクとか大歓迎です。
無断でリンクしてもOKです。

サイト名
ノロノロだらだら異見箱

管理人
てんトゥー

URL


バナーURL


フリーエリア
[61]  [60]  [59]  [57]  [56]  [54]  [53]  [51]  [49]  [46]  [44
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

なぜだ。

なぜ出るはずの無いところに反応が出るんだ。

なぜだああああああああああ



いや、解説しますと。
実験をする際によく「対照実験」といって、本来調べたいものはもちろん、結果を比較するための実験を
同時に行います。

たとえばですが、とある薬の効果を調べたい!ってなったときに

調べたい薬を患者に投与したとします。
で、たとえば血圧が下がったとします。
この結果から、「この薬は血圧を下げるために使えます!」…とはすぐには行かないw

これだけだと、「患者さんに『なにか飲んだからなにかしらの効果あるだろw』という無意識な心理が働いて、それが体調に現れただけなんじゃないの?w」

と反論されます。(上記に挙げた一種の『暗示』みたいな現象は実際に存在が確認されており、『プラシーボ効果』とよく言われます)

で、そういわれるのを防ぐために、まったく有効成分が入ってない形が似たような薬(偽薬)も投与して、その効果を比較する、ということもやります。
それで実際に偽薬と本物で効果の差が現れて初めて、『この薬は血圧下げるよw』といえるのです。

このような実験が『対照実験』。
そして上記に挙げた偽薬投与のように、「反応が出ないと予め分かっている実験」を特に『ネガティブコントロール』といいます。

ちなみに分かりやすくするために薬で説明しましたが、自分がやってるのはまったく違いますw

かいつまんで言うと、とある物質AとBが結合するかどうか、ということを調べていまして。
ネガティブコントロールとして、お互いにくっつかないと分かっているAとCも実験したんですが
なんかAとC同士もくっついてるっていう結果が何故かwwwwΣ(ノ∀`)ペチッ

自分には研究の才能が無いことを再発見したヨ!!!Σъ(;´∀`)
いや、でもここは実験組んだ指導者のせ(略)

もう知らん。結果なんか適当に書いちまえ。

拍手

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新CM
[01/22 志毘]
[07/06 志毘]
[10/20 志毘]
[10/13 志毘]
[10/02 静稀]
最新TB
バーコード
アクセス解析
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]